PSSdev/FreeDesign

スキンの詳細

更新状況

  • OR 状態と AND 状態の区別を無くした(ドキュメント化されてなかった)(2003-03-24)

書式定義

文字列の書式定義

  • %〜% で変数を埋め込むことが出来る。
ahi%nMistake%ihi -> ahi19ihi など。

RECT 指定での四則演算

RECT の left, top, right, bottom は、それぞれ式を用いて指定できる。

RECT : ( left, top, right, bottom )

式には次の演算子等を使用できる。

+ - * / & ( )

実装には HCalcString? ライブラリを用いている。

状態定義

概要

アイテムを表示する状態を指定するために、各アイテムについて状態定義を指定できる。

状態は全て OR 結合されて表示される。(つまり“または”で状態が認識されて表示される)

但し、stat2 がある場合は stat を満たし、かつ stat2 を満たす場合に表示される。

A を stat、B を stat2 とすると、

(A1 || A2 || ...) && (B1 && B2 && ...)

stat2 は、省略時には all として認識される。

stat と stat2 の使い分け

  • (a || b) && c の場合は次のように書きます。
stat  = "a, b"
stat2 = "c"
  • default.ini を見ればだいたいのことは分かります(^^ゞ

複雑な場合は、bool 代数展開(ド・モルガンですね…)して適当に作ってください。

たいていの状態はが存在します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-04-06 (水) 01:38:13 (5339d)